臨床検査技師の仕事

 主に大学病院や病院で患者に対して生理学的検査(心電図・呼吸器機能・脳派・超音波検査等)や患者検体(血液、尿、喀痰、手術材料等)の分析を行い、病態の診断を行っています。また、病床を持たないクリニックや健診センター、病院などから臨床検査業務を代行している臨床検査センターにおいて上記検査業務を担当しています。
 近年では患者に対しての検査行為は行いませんが、臨床検査技師としての医学知識が活かせる治験コーディネーター(CRC)、臨床開発モニター(CRA)等の治験業界や臨床検査機器・試薬メーカーでの研究開発、技術・営業サポート等で活躍されている方もおります。

戻る